製品開発の歩み

1963年(昭和38年) 醤油を原料とした「だし・つゆ」の開発に着手
1965年(昭和40年) 当社主力商品「だし醤油」を開発
1970年(昭和45年) 大阪万博用、讃岐うどんつゆを供給
1987年(昭和62年) 通信販売用として300ml紙パック「だし醤油」を共同開発
1996年(平成8年) 卓上用300ml口栓付紙パック容器(低塩だし醤油)を凸版印刷(株)と共同開発
1997年(平成9年) 通信販売用として卓上200ml口栓付紙パックシリーズ「五色醤油」を開発
卓上200ml口栓付紙パックシリーズ「五色醤油」
1998年(平成10年) 卓上用醤油「五色醤油」が日本印刷産業連合会主催第37回JPC/ジャパンパッケージングコンペティション 和食品部門賞および、(社)日本包装技術協会主催’98JPI/日本パッケージングコンテストグッドパッケージング賞をダブル受賞
1999年(平成11年) 北海道立十勝食品加工技術センターと、利用度の低い産卵後の「ブナ鮭」を丸のまま節にする「まんま鮭節」の開発に成功
1999年(平成11年) 上記「まんま鮭節」を使った「北海道鮭節だし醤油」の製品化
2000年(平成12年) 日本食品科学工学会技術賞受賞<「まんま鮭節」の開発と実用化>
2000年(平成12年) 「讃岐ぶっかけうどん醤油」の製品化
2000年(平成12年) 「だし醤油21」を開発
2001年(平成13年) 「精進醤油(VEGAN DASHI SOY)」を開発
2003年(平成15年) 全国的な「さぬきうどんブーム」で地元人気店様の”プライベートブランドうどんつゆ”各種を製品化
2004年(平成16年) 「蕎麦つゆ」を発売
2004年(平成16年) お徳用500mlワンタッチ口栓付紙パック容器を開発
2005年(平成17年) 北海道立十勝圏地域食品加工技術センターと、塗ってジャム、溶かしてポタージュの「ポタージャム」の共同開発に成功
2006年(平成18年) 500mlワンタッチ口栓付紙パックが日本印刷産業連合会主催第45回JPC/ジャパンパッケージングコンペティション/和食品部門賞を受賞
2007年(平成19年) 業務用製品の小売対応ギフトセット「一日三膳」を発表
2008年(平成20年) 「煮魚醤油」「和風たれ」を発売
2009年(平成21年) 「きのこ煮」を発売
2011年(平成23年) 「貝の鍋だし」を発売
2013年(平成25年) 「だしソース」「にんにくだし醤油」を発売
2014年(平成26年) 業務用「にごりかけだし」「うどん県めんつゆ」を発売
2014年(平成26年) 液だれしにくい200ml新型口栓を開発
360ml/1.8L商品 讃岐醤油画資料館 四谷シモン人形館 淡翁荘 鎌田共済会郷土博物館