« 四谷シモンについて | メイン | 人形館によせて  四谷シモン »

淡翁荘

四谷シモン人形館 淡翁荘四谷シモン人形館 淡翁荘

昭和11年に淡翁・鎌田勝太郎が居宅として建築した鉄筋コンクリート壁構造2階建の洋館。

1階は和室中心で約141平方メートル(42.7坪)、2階は洋室中心で約125平方メートル(37.8坪)。
施工は当時の「合資会社清水組大阪支店」。

従来は周辺の木造住宅と連続して使われていたが、老朽化したため

早川正夫建築設計事務所(東京)の設計監理で1階管理部分約50平方メートル(15.2坪)を増築し、

独立建物に改修したもの。